前へ
次へ

競売も不動産の売買のひとつ

競売という言葉を聞いたことがありますでしょうか。
会社が倒産したり、個人が破産したりしたときに、その会社や個人が持っていた不動産を債務整理という名目のもと、一番高く買ってくれそうな人に売るのが競売です。
債務整理とは、物や不動産をお金に換えて、その倒産した会社や破産した個人の借金の返済に充てることです。
例えば、個人が破産した時に、銀行に借金が残っていたとします。
さらにこの人は、土地や建物しか資産がなかったとします。
こういったときに競売を行い、土地や建物をお金にして、少しでも借金を返すのです。
銀行は基本的に不動産の売買はしていませんから、競売で少しでも高く買ってくれる人が見つかればそのほうがいいわけです。
競売は、一方的に土地や建物を売ってお金にするのが目的ですから、普通の売買というイメージとは少し違います。
ただ、買う人(競売で競り落とした人)と売る人(銀行など借金の返済を待つ人)がいるわけですから、これも不動産の売買のひとつの形と言えます。

Page Top