前へ
次へ

不動産売買における登記

不動産を売買した場合、その所有権は売った人間から買った人間に移るというのは言うまでもないことです。
しかし、所有権が移ったことが認められるためには登記する必要があり、またそのことは相続などでも同じように言えます。
不動産を売った人間が複数の買主と売買契約を結んだとしても、先行して登記を行えば、その人間が不動産の所有権を持つようになります。
つまり、所有権を有したいのであれば、先に登記を行わなければならないという訳です。
所有権が移った場合の登記を行う際は税金を支払う必要があり、この税金は登録免許税と呼ばれています。
この税金の割合はどのような原因で所有権が移ったのかによって違ってくるという特徴があります。
またこの税金以外にも支払わなければならない費用は存在していますし、必要だとされる書類もあります。
所有権が移った場合の登記における手続きは自力で行うことが可能ですが、一般的に司法書士が代わりに行います。

Page Top