前へ
次へ

不動産の売買での注意点とはなにか

不動産を売却したいということになりますとまずはどのような形にするのか、ということがとても大事になります。
個人間の売買であるのかそれとも業者によるのか、業者を使うとしてもあくまで仲介なのか、ということなどがあります。
仲介業者などにお願いをして売却活動をするということになったとしても当然ですが売買契約を交わすことになりますが、そのときには買主に対して不動産会社がやってくれることがあります。
これは重要事項説明書、というものであり、これをキチンと相手に言う必要性があるわけです。
売主としては気にすることではないですが、どんな内容が書かれるのか、というのは知っておく価値があるでしょう。
取引物件に関する事項と取引条件に関する事項になります。
決められて項目をしっかりと話されていないと取引自体が無効ということになりますから、注意しておきましょう。
キチンとやってくれる不動産が殆どですが評判などはしっかりと調べるようにしましょう。

Page Top